第二新卒で中小企業から大手企業へ転職に成功した人が必ず行っていたこと

このページでは、現在中小企業に勤めている第二新卒の方へ向けて、大手企業へ転職を成功させるための具体的な方法を紹介します。
本気で大手への転職を成功させたいと考えている方は、このページに書いてあることをできる限り実践するようにしてください。

大手企業への転職が成功しやすい人

大手企業が求めているスキルを持っている人ほど、大手企業への転職がしやすいです。当たり前ですが、求めているスキルを持っていない人は中途採用を行ってまで採用しません。

具体的に大手企業が欲しがっている人材とは何か?
・20代の若手であること(=先が長く育てやすい)
・専門的なスキルを持つ人(=前職での経験)
です。

第二新卒の転職であれば、若手であることの条件はクリアできています。
問題は専門的なスキルの部分です。求めているスキルは企業ごとによってが違います。ここの部分を企業に合致させていくのが重要です。

大手企業の求める人材を見抜く方法

企業は何を、どんな人材を欲しがっているのか?
募集要項の求める人物像から推察するほかに、転職エージェントを利用し、エージェントから教えてもらう方法があります。
転職エージェントは、転職希望者を転職させることが仕事ですので、
自社の担当企業の採用がどのようなことを求めているのか熟知しています。
また、次の項目で詳しく解説しますが、求める人材を見抜くためだけではなく、非公開求人の面でも転職エージェントの利用をすることは必須です。

大手企業は就職情報サイトを使わない場合がある

そもそも、大手企業は就職情報サイトには求人を載せない場合があります。就職情報サイトに募集を載せると、様々な人から応募がくるため企業にとっては選考作業が面倒になります。書類選考で落とされることも多くなります。
そのため、企業によっては転職エージェントでの非公開求人という形をとります。転職エージェントが企業が求めている人材であると判断した時しか、求人を紹介しないのです。
この転職エージェントの持つ非公開求人をつかむのが、第二新卒の大手企業への転職活動にとって重要です。

大手企業に強い転職エージェントはどれか

転職エージェントの利用は無料ですが、転職エージェントによって求人に傾向があります。

大手企業への転職を目指すのであれば、マイナビジョブ20’sDYM就職。最低限この2つには登録しておきましょう。

どういったエージェントか解説すると、マイナビジョブ20’sは、第二新卒、既卒専門のマイナビのエージェントです。企業人事部とのつながりが強く、非公開求人が8割程度を占めています。

DYM就職は、誰もが知る人気企業などの優良企業を多数取り揃えているエージェントです。

転職エージェントとはそもそも何か詳しく知りたい方はこちら

第二新卒が転職に失敗しないために

大手企業だからといってホワイト企業とは限りません。場所によってはパワハラがあったり、外部環境の変化によりいきなり経営が傾くことだってあります。転職エージェントや知人から会社の内情を確認するのが一番ですが、どうしても人から確認できない場合は、キャリコネ、vokersのような口コミサイトで情報を確認するようにしましょう。

大手企業のメリット・デメリット

大手企業だからといってすべてが中小企業に優っているわけではありません。以下に一般的な大手企業で働くことのメリットとデメリットを紹介します。

メリット

・福利厚生が充実している
・内部留保がある企業が多く、急な倒産や賃金カットが生じにくい
・社会的信頼性が高い
・大きい仕事に関われる

デメリット

・全国転勤がある
・年功序列であり賃金の伸びはゆるやか
・出世競争があり昇進に時間がかかる
・裁量権が狭い

以上が他のサイトにも書いてあるような一般的なメリット、デメリットになります。そうはいっても将来が不透明な中小企業よりは大手企業の方が待遇面、賃金面でも有利な点が多いはずです。
もし、今所属している企業が増収増益を続けていたり、事業が成長中の分野である場合は一度考え直してみましょう。今後成長し運良く上場などの話になれば、今よりも高いボーナスや待遇を期待できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました