コロナ禍なのに在宅勤務や自宅待機にならず出社させられる…仕事を辞めたい方へ

その企業は従業員を人だと思っていない

コロナ禍での出勤。日本全体のライフラインにかかわる業種なのであれば必要なことですが、自社商品の営業だとか不要な仕事を行うために出勤を行うのは望ましくありません。本人の健康はもちろん、無症状のままに周りへ感染を広げるリスクがあります。

あなたの会社の重役は出勤していますか?互いに出勤しているか監視しあうような職場ではありませんか?
そんな前時代的な職場には早く見切りをつけるべきです。感染者が出たとしても業務は続行されますし、自分が感染してからでは遅いです。

転職先を今からでも探すべき

今はコロナの影響で転職するタイミングじゃない…と考えていませんか?コロナの影響は年単位で続いていくことが予想されています。今、行動しなければどんどん状況は悪化していくかもしれませんし、今行動できないのであれば、これからもずっと行動できないでしょう。

別に今の会社をすぐに辞める必要はありません。(コロナの中で不要不急の出勤はどうかと思いますが。)WEB面接の先もありますし、転職活動を少しずつでもすすめましょう。

今、少ないながらも採用活動を行っている企業は企業体力が十分にあるといえますし、人材会社エン・ジャパンのアンケートでは、新型コロナウイルスが流行する中、半数以上の企業が採用を継続しているとの転職コンサルタントの85%から回答があったとのことです。
採用自体を継続している企業は存在するが、倍率が高くなってしまっているのが現状です。

また、ンチャー・中堅中小企業については、本来ならすぐに転職に成功してしまうような能力の高い人が多くあふれ出ている好機と捉えて、積極的に採用をおこなっているようです。(同じくエン・ジャパンのアンケート結果より)

採用活動を継続する企業がある限り、しっかり数を当たれば、希望の職種につくことができるはずです。たくさんの求人を探して応募するには、例えば以下のような方法があります。

・企業HPから直接応募する
就職サイトに掲載する広告費削減のため自社HPにしか求人を載せていない場合があります。

・転職エージェントから非公開求人を紹介してもらう
大手企業など人気の求人は転職情報サイトにのせると応募が集中し選考業務が繁忙になるので、条件に合致した人を転職エージェント経由でのみ採用するパターンがあります。

・知人・友人に紹介してもらう
採用する企業側として、全く知らない人よりは従業員などの知人であるほうが信頼がおけるため採用率が高くなります。もし入社後に早期退職となった場合などは知人に迷惑をかけることになるため、気をつけなければなりません。

コロナ禍でもいくつかの転職エージェントはWEB上で相談を行っています。今の会社に不満があるのならば、登録だけでも行うようにしてください。

ビデオ、web面談可能なエージェント

マイナビジョブ20’s
マイナビの20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントです。
WEBでの相談を受け付け中です。

ハタラクティブ
ラインビデオ面談と電話面談実施中!
最短2週間で内定獲得可能。
実際にハタラクティブの担当者が会社に赴き、優良企業を厳選。
登録後、0120-979-185から電話があります。

ウズキャリ第二新卒
自宅でキャリア相談が可能!
面接対策なども行ってくれます。
入社後定着率93%、ブラック企業は徹底排除をしています。

20代の初めての転職は、「20代の転職相談所」でまずは相談
WEB面談が可能!
5000件以上の正社員限定求人を用意しています。
大手求人も多数あり。

来社OKのエージェント

最短1週間で入社可能!DYM就職
東京、池袋、秋葉原、立川、横浜、千葉、大宮、札幌、仙台、静岡、名古屋、岡山、広島、福岡で面談可能。
大手企業求人を多数保有。
面談を行うにあたってアルコール除菌や湿度を50%以上に保つ等のコロナ対策を徹底しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました