第二新卒の職務経歴書は何を書く?無職の空白期間は?

新卒の就活時とは異なり、転職活動においては応募時に履歴書に加え職務経歴書の提出が必要となります。このページでは初めて転職活動を行う第二新卒向けに職務経歴書の書き方や添削の方法について解説します。

そもそも職務経歴書とは何を書けばいい?

応募先の企業から指定がない限り、職務経歴書には履歴書のような所定の様式が存在しません。
しかし、記入する内容としては、一般的には以下のようなことを書く場合が多いです。

①あなたが勤務していた会社の概要
 具体的には、会社全体の業務内容や資本金、所在地等など会社自体の情報についてです。
 応募先の企業に自分がどんな企業に所属していたのかを説明します。

②あなたが従事していた業務の内容・成果
 箇条書きでも大丈夫です。異動などがあれば時系列に沿って書くのがおすすめです。

③自己PR・志望動機

新卒就活時のエントリーシートに近い書類ともいえます。

職務経歴書の記載例文

<経歴>
自動車メーカーで2年間、営業部門に所属していました。他社との共同開発を手掛け、新しい販路の開拓などを行いました。前職で得た交渉力を活かし、営業職として働きたいと考えています。

<前勤務先企業 概要>
株式会社 〇〇
資本金 〇千万円
従業員数 〇〇名
業種 自動車開発、製造、販売

<実績>
令和〇年 〇月 海外の〇〇プロジェクトに従事
令和〇年 〇月 他社との合同企画を提案、契約に結び付く
令和〇年 〇月 営業実績が部内トップを達成

<自己PR>
・海外の〇〇プロジェクトにおいて得意の英語を生かし折衝を経験。
・他社との合同企画において、社内初めての企画を提案。独創性を活かすことができた。

<志望動機>
在職中にみた広告で貴社の商品を初めて知りました。実際に利用してみると使いやすく、全世界で利用してもらいたい商品だと感じています。ぜひ貴社の商品に携わり、日本全国はもちろん海外へも広めていきたいと考えています。

第二新卒だけれど空白期間(無職)がある場合、職務経歴書はどうする?

まずは前職の業務内容や自分の努力した点ををしっかり記載することが大切です。
空白期間にはただ転職活動をしていましたでは、これまでの期間どこの会社からも採用されなかった人という印象がついてしまいます。あくまでも資格取得のために勉強に専念していた・見聞を深めていた・ボランティア活動に専念していたなど、自分自身のスキルアップに力を入れていた主旨の内容にしましょう。

職務経歴書を作成しよう

大体、ワードA42枚程度で作成をしている方が多いです。
自分で作成するのが不安であれば、就職エージェントを利用すれば添削等の指導をしてもらうことができますのでぜひ活用しましょう。

以下に添削等の指導が丁寧で評判の転職エージェントを紹介します。

【第二新卒エージェントneo】
ネオキャリアの担当者が企業へ推薦をしてくれてしっかり添削等をおこなうので採用につながりやすいです。
東京、大阪、愛知で面談可能。

マイナビジョブ20’s
第二新卒に特化したマイナビのエージェントです。
東京、大阪、愛知で面談可能。

就職・転職ならDYM就職
MeetCompanyと同じ企業が運営するエージェントです。
業界経験の有無にかかわらず採用を行っている企業を多く取り扱っています。
面談は全国各地で行っています。

転職エージェントについて初めて知った、もっと詳しく知りたい方はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました